弁護士費用(佐藤孝丞)

弁護士費用(佐藤孝丞)

~弁護士費用の種類について~

【法律相談料】
初回無料です。
※2回目以降は,30分ごとに1万0800円(税込)いただいております。

【着手金】
ご依頼いただく際に、最初にお支払いいただく料金です。
もし事件が不成功に終わってもお返しすることはできません。

【報酬金】
事件が解決した際に、お支払いいただく料金です。
事件の成功の度合いに応じてお支払いいただきます。

【タイムチャージ】
弁護士の作業時間に応じてお支払いいただく料金です。

【手数料】
遺言書の作成、成年後見申立など、一度の作業で事件が完了する場合にお支払いいただく料金です。
事件処理に着手する段階でお支払いいただきます。

【日当】
弁護士が遠方の裁判所や遠隔地でのお打ち合わせ等に出向く際、別途日当をいただくことがあります。

【実費】
戸籍・不動産などの謄本類、訴え提起の際に裁判所に納める印紙・郵便切手代、交通費など事件を処理するにあたって要する費用です。
最初に概算してお預かりすることがあり、その場合、事件終了時に清算いたします。

~事件類型ごとの弁護士費用について~

ご依頼をいただく際の弁護士費用は、ご相談内容によって異なります。
事案の難易度やご依頼者様のご都合に応じて調整をする必要があるからです。
もっとも、ほとんどの事件では、次の料金でお引き受けしております。

【着手金又は手数料】

1 民事・家事事件
◆ 交通事故事件の場合
・・・無料(完全成功報酬制)
◆ 任意交渉事件の場合
・・・15万円(+消費税)
◆ 調停事件・ADRの場合
・・・20万円(+消費税)
◆ 審判事件・訴訟事件の場合
・・・事案により異なりますので、お問い合わせ・ご相談ください。
◆ 契約書・内容証明郵便・遺言書等の書類(定型的なもの)作成のみの場合
・・・10万円(+消費税)

2 刑事事件 ※ 裁判員裁判は別の基準になりますので、お問い合わせ・ご相談ください。。
◆ 捜査弁護の場合
・・・20万円(+消費税)
◆ 公判弁護・少年審判の場合
・・・自白事件:20万円(+消費税)
・・・否認事件:50万円(+消費税)
◆ 被害者支援(告訴・告発・被害者参加等)の場合
・・・20万円(+消費税)

【成功報酬】

1 民事事件
◆ 獲得した経済的利益(=金銭や権利)が300万円以下の場合
・・・経済的利益の16%の金額(+消費税)
◆ 獲得した経済的利益(=金銭や権利)が300万円を超える場合
・・・経済的利益の10%の金額+18万円(+消費税)
◆ 解雇無効等、経済的利益の算定が困難な場合
・・・30万円(+消費税)

2 刑事事件 ※ 裁判員裁判は別の基準になります。
◆ 不起訴処分の場合
・・・30万円(+消費税)
◆ 略式命令の場合
・・・15万円(+消費税)
◆ 身柄早期釈放の場合
・・・15万円(+消費税)
◆ 保釈許可の場合
・・・10万円(+消費税)
◆ 無罪判決の場合
・・・50万円(+消費税)
◆ 執行猶予判決の場合
・・・15万円~20万円(+消費税)
◆ 検察官求刑の7割未満に減刑の場合
・・・10万円(+消費税)
◆ 被害者支援(告訴・告発・被害者参加等)の場合
・・・30万円(+消費税)

【その他費用一般】
私は、かつて日本弁護士連合会が定めていた「(旧)日本弁護士連合会報酬等基準」を参考に弁護士費用を決定することが多いので、下記のPDFファイルをご参照いただきますようお願い申し上げます。
PDFファイル:(旧)日本弁護士連合会報酬等基準

Facebookページ

PAGE TOP