ブログ

包茎手術等被害ホットラインを担当しました

弁護士の佐藤です。

先日6月26日(日)に、某所で包茎手術等被害ホットラインを担当しました。
主催は、私が参加している医療問題弁護団(http://www.iryo-bengo.com/)です。

同ホットラインの様子等は、下記URLをご参照ください(映像に私は映っていませんが。)。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160623_2.html

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/netnewsup/static/06241834.html

テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/txn/news_txn/post_113754

ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/23/surgery_n_10640510.html

http://www.huffingtonpost.jp/withnews/operation_trouble_b_11078372.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001

産経ネット
http://www.sankei.com/west/news/160708/wst1607080040-n1.html

讀賣オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20160705-OYT8T50002.html

包茎手術の被害は、私が以前想像していた以上に根深いです。
個々の事案の事実関係はもちろんのこと、法的観点からも多くの問題を含んでいます。
例えば、診療契約という点に着目すれば、消費者契約法等の消費者法的な面があります。
一方で、医師の施術に着目すれば、医療過誤という医事法的な面があるといえます。

包茎手術等の実態については、国民生活センターが公表している下記の資料がかなり参考になります。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160623_2.pdf

私が弁護士を目指すきっかけになったのは、医療過誤訴訟の患者側弁護士への憧れでした。
弁護士になってから参加している医療問題弁護団では、実際に事件を担当する機会をいただいています。

弁護士になりたいと決意したときの気持ちを忘れることなく、前進していきたいと思っています。

写真は、私が通っていた早稲田大学法科大学院の近くにある、穴八幡宮です。
司法試験受験生の頃を思い出します。

IMG_2558

関連記事

  1. 沼倉弁護士が法科大学院同窓会のイベントにパネリストとして出席しま…
  2. 注力分野イラストを作成しました。
  3. Facebookページの「いいね!」が250件を突破しました。
  4. 本年もありがとうございました。
  5. 年末のご挨拶(弁護士佐藤孝丞)
  6. スマートフォン用サイトがより使いやすくなりました。
  7. 【講演報告】形態模倣行為事件の争点と裁判例
  8. 年末のご挨拶(弁護士沼倉悠)
PAGE TOP